梅ズバ『きくらげふりかけ』の作り方/マロン先生のダイエットレシピ3月20日

料理・レシピ
スポンサーリンク

3月20日放送の梅沢富美男のズバッと聞きます【梅ズバ】では、

ダイエット業界大注目だという「きくらげ」を使ったレシピを

マロン先生が教えてくれました。

 

番組で放送されていたマロン先生直伝の

万能きくらげふりかけの作り方・レシピを紹介します。

 

きくらげの正しい戻し方についても書いています。

 

レシピ本は35冊出版、「きょうの料理」などにも多数出演しているマロン先生のアレンジレシピに注目です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

万能『きくらげふりかけ』の作り方

万能なきくらげふりかけのレシピはこちらです。

 

材料

・戻したきくらげ 60g
・ネギ 1本
・干しエビ 20g
・醤油 

・みりん

 

醤油とみりんの分量が書いてなかったのですが

おそらく大1ずつくらいかと思います。

 

お好みで調整してくださいね!

 

作り方

 

1. きくらげ、干しエビをフードプロセッサーなどで細かくカットします。

2. ネギはみじん切りにします。

3. サラダ油を引いたフライパンで炒めます。

4. 醤油、みりんを加えて2分炒めます。

 

完成です!

 

ということで、

食べるきくらげふりかけが出来上がりです。

 

冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。

たくさんのアレンジができる万能ふりかけができます。

 

アレンジレシピの例

・おにぎり
・きくらげスパゲティ
・塩の代わりに入れて絶品卵焼き
・きくらげの炊き込みご飯

 

きくらげの炊き込みご飯のレシピはこちら

 

スタジオでは

・チャーハンに入れても美味しそう!
・味噌を入れておにぎりも!

という声が上がっていました。

 

色々なアレンジが可能で、どれも美味しそうです。

 

スポンサーリンク

『きくらげ』の効果・正しい戻し方

効果

きくらげには「不溶性食物繊維」がたくさん含まれていて、

お通じ改善にも役立つ食材となっています。

 

きくらげの正しい戻し方

通常のきくらげの戻し方は

お湯で30分ほど漬けておくのが時間短縮になりますが、

急速で戻すことは大事なうまみ成分や

多くの栄養素も流れ出てしまってもったいないそうです。

 

栄養素を逃がさない戻し方はこちらです。

 

きくらげの正しい戻し方

 

① 冷水で6時間かけて戻す

 

就寝前に漬けておけば翌朝には戻っている計算です。

 

戻したものはタッパなどに入れて

冷凍で1ヶ月程度保存可能です。

 

戻しきくらげは1日35g食べれば

体質改善に繋がるということでした!

 

スポンサーリンク

梅ズバ『きくらげふりかけ』の作り方/マロン先生のダイエットレシピ3月20日まとめ

梅沢富美男のズバッと聞きます【梅ズバ】で紹介されていた、

マロン先生による「きくらげふりかけのレシピ」でした。

 

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

料理・レシピ
スポンサーリンク
まるをフォローする
ママまるch

コメント