小樽ヨーロッパ玩具店のキンダーリープは室内で優良遊具を試せる

北海道のおでかけ
スポンサーリンク

ヨーロッパ玩具店ハンズオントーイキンダーリープ』についてまとめています。

小樽で観光するとなったら、まず、運河沿いを歩くのは定番!というか・・・外せないですよね。そんな運河沿い付近に子供や赤ちゃんが楽しめるおもちゃ屋さんがあるのはご存知ですか?実際に触って、遊べるスペースがあるおもちゃ屋さんの『Hands on Toy’s キンダーリープは道内にある室内の遊び場でも見たことのある遊具や、珍しい玩具がたーーーーーくさん!!ありました。0歳から大人までも楽しく遊べるおもちゃがあるのでついつい、店内に長居してしまいます。そんなおもちゃ屋さんを詳しくご紹介しますね(-ω-)/

住所

北海道小樽市住吉町4−4

スポンサーリンク

ハンズオントーイキンダーリープへの行き方

電車の場合はJR南小樽駅で降り、三本木急坂をまっすぐ運河沿い方面へ歩くと右手側に看板が見えます。10分ほどで着きます。

車の場合は 駐車場が2、3台分しかなく、大きな車は停めにくいかもしれません。私たち家族で行ったときは運よく空いていたのでそこに停めましたが万が一満車の場合は、スタッフさんに尋ねてくださいとのことです。

スポンサーリンク

ハンズオントーイキンダーリープの利用料金

Hands on Toy’s キンダーリープでは1階スペースでは売り物のおもちゃが所狭しと並んでいて、2階スペースでは おもちゃのお試しコーナー があります。

有料です

最初の30分は無料ですが、
それ以降30分毎に300円かかります。(大人・子供1歳以上共通)
会員の方は200円となっています。

我が家は0歳児の息子といったので、大人2名分の料金で遊べました。

2階で受付をしてから中へ入れます。何時から入って何時に出たかで料金が変わるので支払いは最後にします。

スポンサーリンク

ハンズオントーイキンダーリープの遊び場の紹介

全体的に木の温もりを感じられるあそび場で、ほとんどの玩具が木製なので日本のおもちゃ屋さんとは全くイメージが違います。1階スペースで売られている玩具を2階スペースで試しに遊ぶことができますよ。

本格的なおままごとセットや、年齢に合わせたからくり玩具がありスタッフの方が親切におもちゃの遊び方や、赤ちゃんが好む玩具を持ってきて説明してくれました。

息子は10か月だったので、上からボールがくるくる転がるおもちゃや箱の中にある色々な形の木のブロックを掴んでは出す作業を黙々とやっていました。ふわふわの布でいないいないばぁ!も楽しんでいましたよ♪

ヨーロッパ玩具はカラフルなのが特徴で、「はっきりとした色は赤ちゃんの頭脳の発達にも良いと教えてくださいました。それから玩具選びの際はカラフルを意識して買うようになりました(^^)/

個人的に気に入ったのがハンモック!息子を座らせてゆらゆら揺らすと初めての感覚に戸惑った表情をしていましたがそれを見て母は楽しんでいました(笑)

スポンサーリンク

ハンズオントーイキンダーリープでのカフェは?

私が行ったのは2018年9月でしたが、カフェは残念ながら閉店されていました。

お茶を楽しむことはできませんでしたが、小樽運河沿いにはたくさんおいしいものがあるので、ここでは遊ぶ!を楽しむで満足でした!

スポンサーリンク

ハンズオントーイキンダーリープは0歳から大人までも楽しめる

絵本も沢山あり、カードゲーム、ボードゲーム、積み木、乗り物、昔遊び、赤ちゃんの玩具などなど本当に種類沢山で珍しい玩具だらけなので「これってどうやって遊ぶの?」と興味深々になって遊べます。

お店にいる女性スタッフさんも気さくに話しかけてくれるのでおもちゃの知識も深まりました♪
デートで来ているカップルもいましたよー(^^♪天候も気にせず遊べるのでぜひぜひ、行ってみてくださいね!

北海道のおでかけ
スポンサーリンク
まるをフォローする
笑って気分爽快

コメント