萩原健一の病気はいつから?病名GISTの原因や治る病気なのかについて調査!

スポンサーリンク

俳優の萩原健一さんが闘病の末、68歳でお亡くなりになりました。

妻の冨田リカさんのコメントでは、

 生前に、お世話になりました仕事関係の皆様、ファンの皆様に、心よりお礼申し上げます。これまで、本人の強い意向により、病のことは公表せずに参りました。

最後は、とても穏やかで安らかに、ゆっくりゆっくり、眠る様に息をひきとりました。

今はまだ、心の整理がついておりませんので、皆様、どうかご理解頂けると幸いと存じます。

YAHOOニュースより

 

とあり、病気のことは萩原健一さんの意思により非公表で今まで闘病されていました。

萩原健一さんの病気はいつから始まったのか?

また、病名であるGISTとはどんな病気で、治る病気なのかを調査しました。

 

スポンサーリンク

萩原健一の病気はいつから?

萩原健一さんの病気は、2011年から始まっていたといいます。

闘病生活は8年も続いていました。

そして同じく、冨田リカ夫人との結婚生活も8年間でピリオドとなりました。

妻の冨田リカ夫人は、2011年2月に婚約・結婚していたので、その直後から病気が発症してしまったということです。

幸せな夫婦生活が始まったと同時にあまりにショックな出来事で、大きな悲しみや苦しみがあったことを察すると胸が痛いですね。

冨山リカ夫人は、出逢う前から萩原健一さんの大ファンであり、出会いは仕事上の対談だったそうです。

せっかく憧れの大好きな人と結ばれたのに、相手がすぐに病気とわかってしまったなんて、

それこそドラマのようなお話ですね。

 

 

スポンサーリンク

萩原健一の病名GISTとは?原因は何?

萩原健一さんの病名のGISTとは、

消化管間質腫瘍【GIST:Gastrointestinal Stromal Tumor】という正式名です。

どんな病気なのかと言うと、がんというのは癌腫と肉腫の2種類に分けられるそうですが、

GISTは肉腫のがんです。

よく癌というと思い浮かべるような「胃がん、大腸がん」等とは違った性質で、

一般に言われるのは「癌腫」といって体の表面を覆う上皮細胞から発生する悪性腫瘍で、GISTの肉腫というがんとは違った性質を持っています。

一方、肉腫は上皮の内側や筋肉から発生するもので、

GISTは消化管の壁の筋肉の層にある特殊な細胞が異常に増殖して腫瘍となったものです。

 

病気の原因はNPO法人GISTERS(GIST患者のためのホームページ)のサイトによると、

遺伝や生活習慣が直接原因となるわけではなく、遺伝子の突然変異によるものだと解説しています。

ですが、その遺伝子の突然変異がなぜ起こるかというのはまだ明らかになってはいません。

 

 

 

スポンサーリンク

萩原健一の病名GISTは治る病気?

GISTにかかるひとは人口10万人にひとりの割合だそうです。

胃がんは人口10万人に80~100人程の人がかかる病気と言われているので、

かなり希少な病気だといいます。

 

小さいものだと手術で治ることもあるのですが、

転移や再発をすれば薬で長年治療していかなければならないこともあり、

に治るものから命にかかわるものまで幅広い病気です。

 

萩原健一さんは2011年に病気が発覚してから入院をし手術をし、成功しました。

ですが、2019年3月25日に病状が悪化して緊急搬送されてしまったんですね。

前の週に病院で診てもらったときに医師はどんな判断だったのでしょうか?

GISTは胃がんや大腸がんなどに比べても症状が現れにくい、または現れても軽度なことが多いそうで、

萩原健一さんは知らないところで再発して腫瘍が大きくなっていたのでしょうか?

医師についてのコメントなどはこれから発表されるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

萩原健一の病気はいつから?病名GISTの原因や治る病気なのかについてまとめ

萩原健一さんの病気はいつからで、病名であるGISTというがんについて詳しく調べてまとめました。

結婚して間もなくして発症してしまい、冨田リカ夫人と二人三脚で闘病生活を歩んでこられた8年間だったのですね。

GISTというのは希少な病気ということで、幅広い病気だというのがわかりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

時事・ニュース
スポンサーリンク
まるをフォローする
笑って気分爽快

コメント