松井のの子(花火師)の年収は?大学やプロフィール経歴まとめ/セブンルール

バラエティ
スポンサーリンク

松井のの子さんが8月23日のセブンルールに出演されます。

こちらでは、

松井のの子(花火師)さんの年収

松井のの子(花火師)さんの大学

松井のの子(花火師)さんのプロフィール経歴

をまとめています。

松井のの子さんの職業、花火師のお仕事や花火師になった経歴やプロフィールが気になったので調査しました。

スポンサーリンク

松井のの子(花火師)【年収】

松井のの子(花火師)さんの年収について調査しました。

花火師の平均年収は300万円前後と言われています。

20代の平均年収は200万円弱

ただ、経験や年齢実力次第で大きく年収は異なります。

職人仕事なので将来的にも一定の需要はあるお仕事です。

下積みを経てステップアップする職人の世界であるため、新人時代は月収10万円~15万円程度となっています。

花火職人は一人前になるのに10年かかるといわれる世界で下積み時代が長いのも特徴です。

なので、20代、30代でも平均月収はあまり変わらず15万円~28万円となっています。

夏が繁忙期のため夏のボーナスや臨時収入は大きいようです。

冬場は別のお仕事をして生計を立てて、副業として花火師として働く方もいます。

松井のの子(花火師)さんの務める長野県の伊那火工 堀内煙火店では求人募集がありました。

求人募集要項をチェックしてみると、アルバイト(軽作業)で、週4日〜週5日勤務・時給880円と書かれていました。

松井のの子さんはこのアルバイトから花火師の仕事に就きましたが、アルバイトの募集をしている煙火店は全国的にはなかなかなく、

夏場の繁忙期の臨時募集のお手伝いから始めたりする方や、煙火店へ直接弟子入りを懇願するなどで始める方が多いようです。

松井のの子(花火師)さんのアルバイトの給料も10万~15万円ほどだと思われます。

松井のの子(花火師)さんの務める伊那火工 堀内煙火店では、基本的に土日休みですが、毎年夏場は休みがないほど忙しいそうなので、夏場の給料はもっと多くもらえていると思われます。

なので、年収は200万円ほどではないかと予想してみました。

スポンサーリンク

松井のの子(花火師)【大学】

松井のの子(花火師)さんの大学は「多摩美術大学 生産デザイン学科 テキスタイルデザイン」を専攻しご卒業されています。

高校生のときから花火師という仕事に魅力を感じていたという松井のの子さんですが、花火師になりたくて芸術大学の道を選んだわけではなく、

高校卒業後に就職する気にはなれなくて、興味のあった美術大学に通うことを決めたのだそうです。

大学では、テキスタイルデザインという布関係のデザインを学び、アート一筋の生活を送っていたそうです。

卒業後の進路先としては、アパレル関係やグラフィック系、デザイン系に進む方がいますが、松井のの子さんは卒業後は作家として活動されており、展覧会などにもたびたび出展していました。

花火師という職業は手先の細かい作業が必要になってくるので、美術大学での作品作りの経験も活かされていそうですね。

スポンサーリンク

松井のの子(花火師)【プロフィール】

松井のの子(花火師)さんのプロフィールです。

【名前】
松井のの子(まついののこ)

【生年月日】
1987年か1988年生まれ
(2022年8月時点で34歳)

【出身地】
長野県

【趣味】
旅をすること

2022年時点では34歳の松井のの子さん。

出身地は長野県で、現在務める 伊那火工 堀内煙火店 も長野県にあります。

幼いころから花火は魅力的だと思っていて、火の玉を飛ばして演出するなんて不思議だし、映像ではない、電子にはない魅力を感じていたそうです。

高校生の頃まで、なんとなく花火屋さんになりたいと思っていたそうです。

長野県は打ち上げ花火の生産量が全国一位という地域なので、花火を魅力的に感じる機会も多かったのかもしれませんね!

スポンサーリンク

松井のの子(花火師)【経歴】

松井のの子(花火師)さんの経歴です。

1988年に長野県に生まれ、高校生頃までは花火屋さんに魅力を感じていました。

高校卒業後には就職はせず興味のあった多摩美術大学へ進学しアート一筋の日々を送ります。

大学を卒業後は作家として活動されていて、展覧会にもたびたび出展。

しかしそれだけでは生活できず、別のアルバイトもしていました。

作家としての人生も素敵だと思っていましたが、この先の人生を考えたときに以前花火師になりたかったことを思い出します。

そうして、2017年か2018年(松井のの子さん30歳のとき)長野県でアルバイトの募集をされていた「伊那火工 堀内煙火店」とご縁があり、そこで花火師としてアルバイトをすることになりました。

花火師としての魅力は、ひとりの仕事ではなくチームで作り上げるものだということ。

初めて自分が仕込んだ花火が打ち上げられたときは涙が出るほど感動したそうです。

職人歴は現在5年。

危険と隣り合わせというお仕事でもありますが、大勢の人に感動を与えられる素晴らしいお仕事というのが魅力のようです!

スポンサーリンク

松井のの子(花火師)【セブンルール】

松井のの子(花火師)さんが2022年8月23日(火)放送のセブンルールに出演されます。

今回の主人公は、花火師・柗井のの子。「高校生くらいまでずっと花火屋さんになりたかった」という彼女が、地元・長野県で花火師の世界に飛び込んだのは、30歳を迎えようとしていたとき。一人前になるのに10年かかるといわれる世界で、異例ともいえるチャレンジだった。だからこそ彼女は、職人技といわれる“感覚”を早くつかみたいと、毎日の作業内容を事細かに記録し、花火の動画を見て研究を重ねるなど、とにかくガムシャラに花火と向き合う。創業123年、伝統を守りながら、新しい演出を生み出し続ける職人集団『伊那火工 堀内煙火店』で、職人歴5年の若手花火師として奮闘する柗井のの子の姿を追った。

「自分の目で見ないと感じられない美しさがある」と自身も花火に魅了され、常に危険と隣り合わせの職場で、その伝統と技、しきたりを守り続ける花火師・柗井のの子の7つのルールに迫る。

カンテレ公式サイトより引用

職人歴5年でも若手といわれる花火職人のお仕事。

松井のの子さんは早く一人前になるために日々の努力を重ねています。

セブンルールでは、日々真剣に花火と向き合う松井のの子さんの毎日を追ったドキュメンタリーが放送されます。

スポンサーリンク

まとめ*松井のの子(花火師)の年収は?大学やプロフィール経歴まとめ/セブンルール

松井のの子(花火師)さんの年収は、花火師という職業は一人前になるまで10年もかかるという下積みが長い職業のため、平均年収も300万円と低めです。

しかし実力や経験次第で年収は上がっていくようです。

松井のの子(花火師)さんは、多摩美術大学ご出身で、大学卒業後は作家として活動し、高校生のころから憧れていた花火師という世界に30歳のときに初めて飛び込みます。

早く一人前になれるように日々がむしゃらに花火と向き合う松井のの子さん、大変そうではあるけれど、好きなことを仕事にするって素敵ですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

バラエティ気になる
スポンサーリンク
まあむをフォローする
Lakula

コメント

タイトルとURLをコピーしました