新信長公記/どんな話?あらすじや原作・脚本は?漫画の感想まとめ

気になる
スポンサーリンク

2022年7月スタート読売テレビドラマ「新・信長公記」が毎週日曜22時30分から始まりますね!

こちらでは、

新信長公記はどんな話?あらすじ

新信長公記の原作・脚本

新信長公記のキャラクターは?キャスト

新信長公記の漫画の感想

についてまとめています。

誰もが知る戦国時代の人物が同じ時代に集まったら誰が一番強いのか?

という好奇心をくすぐるテーマでワクワクしながら観れそうですね!

戦国武将のクローンたちがヤンキー高校の総長を目指して知識と体力で全力で戦います!

そんな新信長公記はどんなお話なのか?あらすじや、どんなキャラクターがいるのか?

また、原作・脚本についてと漫画の感想をまとめました!

スポンサーリンク

新信長公記/どんな話?あらすじ

新・信長公記はどんな話なの?あらすじです。

舞台は2120年の日本。

学校では明治時代以降の歴史しか教えられておらず、東大出身者でさえ戦国時代の武将、織田信長や徳川家康の名前を知らない人が多い。

戦国好きのマッドサイエンティストである博士は「この世に同時に生まれたら誰が最強の武将か」を知るため、歴史遺産からDNAを採取し戦国武将のクローンを作った。

クローン本人は性格や伝説は戦国武将の逸話にそっくりなものを持っているが、みんな自分たちがクローンであることや戦国武将の存在すら知らない。

名前もそのままで世に放り出された彼らは成長して不良として頭角を現し出し、戦国時代の逸話さながらの活躍をし始める。

日本一の不良校である銀杏高校には、歴史好きの理事長によって35名の戦国武将のクローンが集められたが、進学校になることが決定された。

そこへ今や数少ない歴史オタクでありおとなしい性格の日下部みやびが期待を寄せて銀杏高校特進クラスへ進学。

知らされたクラスメイトが戦国武将の名前ばかりで大興奮!

なのだが、彼らは戦国武将たちのクローンであり不良として日本各地で名を挙げてきた不良のリーダーだちであった。

戦国時代の天下人争いのように、不良の”てっぺん”である銀杏高校の総長の座を目指し始める。

そんな中、みやびはひとり風変わりで安穏とした織田信長に注目する。

「新・信長公記」の設定では、戦国時代の歴史を学ぶことがなくなっているので戦国武将の存在を知る人があまりいないんですね。

戦国武将の存在を知らない戦国武将のクローンである高校生たちが戦国時代の天下人争いのように不良のてっぺんである総長を目指す。

その様子を「戦国武将の中では誰が一番強いか?」が知りたいクローンを作り出した博士や、高校の理事長、現銀杏高校の総長が見物にしています。

「ケンカ・不良・友情・仲間」などがテーマのお話で、学園天下獲りエンターテインメントとなっています!

スポンサーリンク

新信長公記/原作漫画・脚本家

「新・信長公記」の原作漫画は、甲斐谷忍さんによる作品です。

甲斐谷忍さんは「LIARGAME(ライアーゲーム)」の作者でもあります。

映画が有名ですよね。

「LIARGAME(ライアーゲーム)」はクラスの中でライアーゲームに参加しながら1億円を奪い合うゲームです。

頭脳戦や人間の心理を利用した展開が気になるお話です。

「新・信長公記」もクラスの中で天下争奪戦が行われるストーリーとなるので、それぞれのクローンたちが知恵や根性を働かせて不良の天下を目指します。

私この武将推し!というような、見ている人の中でも好きな武将が現れたりして楽しく観れそうですよね!

脚本家は金沢知樹さん、伊達さんです。

金沢知樹さんは元お笑い芸人。

恋愛番組のあいのりでは「金ちゃん」として出演していたことも。

2022年公開映画「サバカンSABAKAN」では映画初監督を務めています。

金沢さんは、心理描写が得意という印象を持たれているようです。

伊達さんは大人のカフェという演劇コントユニットのメンバーでありコント脚本を担当しています。

メインは金沢知樹さんが脚本を担当していますが、伊達さんはドラマの中盤で数本脚本を担当されているそうです。

<新・信長公記/ドラマ>

【原作】 甲斐谷忍
【脚本】 金沢知樹伊達さん
【監督】中島悟、豊島圭介
【チーフプロデューサー】沼田賢治
【プロデューサー】中山喬詞、小島祥子、清家優輝
【共同プロデューサー】三上絵里子
【制作協力】ファインエンターテイメント
【制作著作】読売テレビ

スポンサーリンク

新信長公記/どんなキャラクター?キャスト

新信長公記ではどんなキャラクターが登場するのか?キャストを見ていきましょう。

■日下部みやび/山田杏奈

歴史好きの普通の女子高生。戦国時代に詳しいところから、理事長の思惑で特進クラスへ進学。

クラス内で唯一風変わりで安穏とした青年である信長を気にかけている。

■織田信長/永瀬廉

制服に短パンというおかしな恰好で常に何か食べていて何を考えているかわからない青年。

不良には見えないので他のクラスメイトからも愚か者だと思われている。

信長の地元では不良たちをまとめあげた第六天魔王という人物がいるが、信長の可能性があるということは誰も思っていない。

【特進クラス】

■武田信玄

15歳で甲州街道沿いの暴走族を束ねた青年。初登校日、コマの仕掛けた防衛網をバイクで破った。上杉・伊達に並びクラスの最強格である。

■上杉謙信

ケンカの実力は武田と同じくらい高いがまずは話し合いで解決したがる青年。

ケンカになってもとどめは刺さず、弱い相手は見逃すなどケンカは引き分けが多い。

■伊達政宗

北部最強と呼ばれる優男風の青年。

コスプレ好きで芸人気質がある。ケンカは上杉・武田と同じくらい強い。

■羽柴秀吉

小柄で童顔の青年。女好きである。基本的にはトップになりそうな人を見極めて下につきNO.2を目指す。

■本多忠勝

湾岸の四天王と恐れられる一人。上杉・武田と同じくらいケンカが強い。大柄な体格の青年。

ケンカ無敗で傷を負ったことがない伝説を持つ。

■井伊直政

湾岸の四天王と恐れられる一人。 上杉・武田と同じくらいケンカが強い。

クラスに混乱を起こすために武田に信長を襲うようにけしかけるがあとで武田に叩きのめされる。

■酒井忠次

湾岸の四天王と恐れられる一人

■榊原康政

湾岸の四天王と恐れられる一人

■宇喜多直家

通称「不死身の直家」で金属バッドで殴られても瓶が頭に刺さっても平気。

■龍造寺隆信

スキンヘッドで大柄な青年。

■加藤清正

秀吉の評価では戦闘力ランキングは6位。

他にも戦国武将が登場するかもしれません。

クラスメイトのキャストは発表されていないので続報を待ちましょう。

【上級生】

■コマさん/駒尾馬流

次期総長候補のひとり。特進クラスの妨害を試みる。みやびには木曾義仲のクローンと推測される。

名前は、木曾義仲の幼少期の名前「駒王丸」から由来されている。

■総長

鎧甲冑を来て素顔を隠している。クローンを作り出したマッドサイエンティストとともに銀杏高校の争いを見物にしている。

【その他】

■中林理事長

大の戦国マニアで中年オヤジ。

銀杏高校にクローンたちを集めた人。不良ではないみやびを入れたのは戦国マニアだからである。

学校改革を成そうとしている。

■第六天魔王

信長の地元で不良たちをまとめ上げた伝説の人物。

■博士

クローン戦国武将を作った人。その後はクローン作成の違法がバレ、獄中で死んだと噂されているが実は生きていて銀杏高校にいて理事長とともに見物している。

■徳川家康

理事長の中では戦国武将の中で最も有望な人物。カリスマ性がありケンカも強く東大に入れるほど頭脳明晰。

転校生として銀杏高校にくるが、忠実とは異なる大柄で横暴な性格の青年。かなりの異常者で博士は作ったことを後悔している。

この最も有望な人物である徳川家康が転校してきたことで高校は大荒れ。

学校をのっとろうとする家康についに信長が動き出す!?

銀杏高校の天下を獲るのは誰なのか?展開が気になるお話ですね!

スポンサーリンク

新信長公記/永瀬廉ドラマ原作漫画の感想

【新・信長公記】は原作漫画では完結しています。

原作漫画はおもしろい?原作漫画の感想をまとめました。

原作漫画のファンは待望のドラマ化となったようです。

信長の魅力満載!歴史を勉強し直したくなった!

ヤンキーだけど戦い方が頭脳戦なんだよね。

旗印戦という最強トーナメント戦がワクワクする!

歴史上の登場人物の性格について深く知れるので楽しい!

みやびちゃんの歴史の知識が活躍するので「LIAR GAME」×戦国時代物みたいな感じで応援してる。

秀吉くんと明智くんが好き

不良揃いだけれども戦国武将のクローンなのでやることは頭脳戦!

山田杏奈さん演じるみやびと徳川家康が一番重要な役どころとなっています。

たくさんの登場人物が出てくるので混乱しそうですが、キャストの発表もたのしみですね!

スポンサーリンク

まとめ*新信長公記/どんな話?あらすじや原作・脚本は?漫画の評価

新・信長公記はどんな話なのか?あらすじや原作・脚本と漫画の評価をまとめました。

新・信長公記はある歴史好きの博士によって作られた戦国武将のクローンたちが、歴史好きの理事長によって銀杏高校に集められ「戦国武将がこの世に一度に存在したら誰が一番強いのか?」を決める戦いが始まります。

クローンの彼らは自分たちが戦国武将のクローンということも知らず、戦国武将と同じような性格・伝説を持っています。

理事長は進学校に改革することを決定し、その特進クラスには歴史好きで知識豊富な日下部みやびが進学します。

転校してきた徳川家康はカリスマ性もあり横暴な性格で学校をのっとろうとします。

そこでそれまで安穏でクラスメイト達からも風変わりで愚か者と言われてきた織田信長が動き出す!

駆け引きや陰謀や頭脳戦が繰り広げられ、笑っちゃうほど新しい、学園天下獲りエンターテインメントです!

原作はライアーゲームの作者・甲斐谷 忍さんです。

脚本は、 金沢知樹伊達さん。

漫画の感想は、戦国時代の武将が集まって旗印戦をするというだけでも面白いお話で、歴史上の人物の性格などが深く知れるのでまた歴史を勉強しなおしたくなるという感想がありました。

放送が楽しみですね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました